TIFF形式の画像ファイルをJPEG形式に一括変換できるフリーソフトってある?

投稿日 : 2014年6月6日  タグ : |

TIFF形式の画像は、最近はあまり見なくなったものの、一時期は高解像度のイメージファイルによく使われていた。拡張子は「.tif」で、多くのビューワーソフトが対応しているので閲覧に困ることはないだろう。だが、保存したり公開したりとなると、より一般的なJPEG画像に変換したいところ。
TIFFからJPEGへの変換でもっとも簡単なのが、ウインドウズ標準搭載の「ペイント」を使う方法だ。「ペイント」でTIFFイメージを開き、JPEG形式で保存するだけでOK。
複数のTIFFイメージをJPEGにまとめて変換したいなら、フリーソフトの「XnConvert」がオススメ。ドラック&ドロップで登録し、ボタン1つでまとめてJPEG画像に一括変換できるぞ。

■ 「.tif」形式を「.jpg」画像に変換するなら「ペイント」

tiffjpeg_01
拡張子が「.tif」になっている画像。これは「TIFF」(ティフ)と呼ばれるファイル形式で、現在でも一部では使われることがある

tiffjpeg_02
もっとも簡単なJPEG形式への変換方法は、ウインドウズ標準の「ペイント」を使う。「ペイント」上にドラック&ドロップで取り込み、「ファイル」→「名前を付けて保存」→「JPEG画像」を選択。指定の場所に保存すればOK

tiffjpeg_03
TIFF形式の画像ファイルが拡張子「.jpg」のJPEG形式に変換された

■ 複数のTIFFイメージをJPEG形式に一括変換できるフリーソフト

tiffjpeg_04
複数のTIFF画像をJEPG形式に変換したい場合は、フリーソフトで一括処理すると楽ちん。オススメなのは「XnConvert」。インストールして起動したら、「入力」タブに変換したいTIFF画像をまとめてドラック&ドロップで登録しよう

tiffjpeg_05
「出力」タブを開き、「形式」で「JPG」を選択する

tiffjpeg_06
右下の「変換」をクリックすると、登録したTIFF画像がJPEG画像に一括で変換されるぞ





おすすめ記事