Google Chromeのブックマークの保存場所はどこ?エクスポートするには?

投稿日 : 2013年4月13日  タグ :

ブラウザの設定を別のパソコンに移動させたり、OSの再インストールのためにバックアップする際に注意しなければならないのが、ブックマークのデータだ。
忘れずにバックアップしておきたいが、通常、ブックマークのデータはCドライブの奥深くに保存されているため、なかなか取り出すのが面倒。Google Chromeも例外でなく、ブックマークのデータがあるフォルダのパスは「C\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default」とかなり下層になっている。
もし、Chromeのブックマークを移動したい保存したい場合は、Chrome標準のエクスポート機能を使うのがおすすめ。ブックマークの設定から、HTML形式のファイルでブックマークを保存して、そのまま別のChromeへと移すことができる。データを直接バックアップするよりも簡単なので、覚えておこう。

Google Chromeのブックマークの保存場所を確認する

bk_01
まずは、コントロールパネルから「フォルダーオプション」を開いて「表示」タブを選択。「ファイルとフォルダーの表示」にある「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を有効にする

bk_02
Cドライブの「Users」→「(ユーザー名)」→「AppData」→「Local」→「Google」→「Chrome」→「User Data」→「Default」とフォルダを開く。隠しフォルダもあるが、上述の設定を行っていれば表示されているはずだ

bk_03
「Default」フォルダに「Bookmars」「Bookmarks.bak」がある。これがChromeのブックマークのデータだ。この2つのファイルをコピーすることで、ブックマークを移動させることができる

Google Chromeのブックマークをエクスポートする

bk_04
Chromeでは、もっと別の方法でブックマークのエクスポートが可能。Chromeのメニューを開いて「ブックマーク」から「ブックマークマネージャ」をクリックしよう

bk_05
ブックマークマネージャが開いたら、「管理」から「HTMLファイルにブックマークをエクスポート」をクリック

bk_06
ブックマークの内容がHTML形式のファイルでエクスポートされる。別のChromeに取り込む際には、同様にブックマークマネージャの「管理」で「HTMLファイルからブックマークをインポート」を選択して、HTMLファイルを指定すればOK。HTMLファイルを直接ブラウザで開いて、ブックマークの内容を確認することもできるので、Bookmarks.bakよりも扱いやすいのだ。





おすすめ記事