ユーザーエージェントを簡単に変更!「User-Agent Switcher」

投稿日 : 2015年4月1日  タグ :

ブラウジングするとき、アクセスするWebページに対して、私たちは自分の環境に関する情報を提供している。たとえば「使用しているOSの種類」や「ブラウザの種類・バージョン」なども、Webページにアクセスするときに相手に提供される。提供される情報を総称して「ユーザーエージェント」と呼び、これらの情報をもとにして、たとえばスマートフォンからのアクセスを識別してスマホ用ページにリダイレクトしたり、または古いバージョンのブラウザを使用している時に、「お使いのブラウザではご利用になれません」などといったページを表示したりと、便利に利用されることも多い。
「User-Agent Switcher」は、このブラウザの種類・バージョンやOSの種類などを、実際とは異なるものに設定することができるChrome拡張である。この拡張機能が役に立つシチュエーションとしては、主に以下の2つがあげられる。1つは、特定のWebページにアクセスできなかったり、うまくWebページが動作しなかったときである。ユーザーエージェントによってブラウザの振り分けなどをしているWebページでは、ユーザーエージェントを変更することによって、うまく動作するようになることも多い。もう1つは、Webページやブログなどを制作しているときの、動作確認のためである。最近では、スマートフォンでアクセスする人も多く、スマホ対応は必須である。スマートフォンからアクセスしたときに、きちんとアクセスを振り分けられているかを確認する目的で使用することができる。

■ ユーザーエージェントを上書きする手順は

useragent-00
上書きしたいユーザーエージェントをリストから選択するか、フォームに入力することで、ユーザーエージェントを変更することができる。デフォルトでも基本的なユーザーエージェントは用意されている

useragent-01
たとえば、ユーザーエージェントを「Android」に設定し、Yahoo! JAPANのWebサイトを表示してみた。このようにスマートフォン向けのレイアウトで表示された





おすすめ記事