Google Chromeで日本語が文字化けしている場合の直し方は?

投稿日 : 2015年1月17日  タグ : | |

GoogleChromeでウェブページやHTMLファイルを開いたら、日本語が文字化けして表示された……。これはブラウザの文字コードの設定に原因がある。Chromeでは「設定」の「その他のツール」から文字コードの変更ができる。多くの場合は、ブラウザの設定が「Shift_JIS」になっていて、「UTF-8」の文字コードを表示できないというケースだが、そこまで具体的に設定しなくても、「自動検出」を選択すれば、自動的に正しい文字コードを判断して設定を変更してくれるようになるぞ。

■ Chromeで文字化けしているウェブページの対策方法は?

mozibake_01
ChromeでウェブページやHTMLファイルを開いたときに、文字化けしてテキストが正しく表示されないことがある

mozibake_02
その場合は、右上の設定ボタンをクリックして「その他のツール」を開こう

mozibake_04
「その他のツール」→「エンコード」→「自動検出」を選択する

mozibake_05
正しい文字コードが自動的に選択されるようになった。Chromeのタブをリロードすると、文字化けしていたテキストが正しく表示されるようになるぞ






おすすめ記事