Twitterで記憶にない投稿を勝手にツイートやリツイートされる原因は?

投稿日 : 2014年12月13日  タグ :

Twitterで自分が投稿した記憶のないツイートが、勝手に投稿されたりリツイートされていることがある。これは、Twitterとの連携を許可したアプリやサービスが、勝手に送信しているもの。Twitterとアプリ・サービスの認証を行う際、「この連携アプリを認証すると、次の動作が許可されます」に「ツイートする」という項目があったにも関わらず、認証を行ってしまった場合、外部のアプリ・サービスにツイートを投稿する権限が与えられている。
この認証を無効にするには、Twitterの設定の「アプリ連携」で、問題のアプリ・サービスの連携の許可を取り消せばOKだ。なお、どのアプリやサービスが原因か分からない場合は、すべての許可をいったん取り消そう。必要なアプリやサービスを利用する場合には、再度連携の許可が必要になるので若干の手間になるが、勝手にツイートを投稿する原因を確実に停止できるぞ。

■ Twitterを乗っ取るプログラムやサービスの許可を取り消す

twspa_01
Twitterでツイートが勝手に投稿された例。「女子力アップの秘訣」というユーザー名、「裏版L○INEと密に噂のアプリw」という内容で、出会い系アプリのページへと誘導している。これはTwiterと連携しているアプリやサービス経由で、勝手にツイートを投稿された可能性が高い

twspa_02
Twitterアカウントにログインして、メニューから「設定」をクリックしよう

twspa_03
「設定」ページの左のメニューから「アプリ連携」をクリックする

twspa_04
Twitterで連携を許可したアプリやサービスの一覧が表示される。その中から怪しいものを選んで「許可を取り消す」をクリックしよう

twspa_05
「許可の取り消しを止める」の状態になれば取り消しになっている。あとは勝手に投稿されたツイートを調べて削除すればOK





おすすめ記事