TwitterやメールへのURL引用に便利 短縮URL・QRコードの作成に便利なChrome拡張「goo.gl URL Shortener」

投稿日 : 2014年11月27日  

普段それほど利用しないが、イザというときにないと不便なのが「短縮URL」。特に投稿に文字数制限のあるTwitterにURLをツイートするときや、メールの文面に長いURLを引用したい場合、短縮URLを使って読みやすくするのが基本。
しかし、怪しいURL短縮サービスを使うと、いつの間にかサービスが終了していて、そのURLも使えなくなっていた……なんて可能性もある。その点、確実性が高いのがGoogleの短縮URLサービスだ。
「goo.gl URL Shortener」は、Chromeで表示中のウェブページのURLをワンクリックで短縮できる拡張機能。GoogleのURL短縮機能を利用し、短縮したURLからの流入のアクセス解析にも対応している。また、QRコードも簡単に作成可能で、スマホや携帯電話のユーザーとのURLの共有にも利用できる。
URL短縮サービスはたまにしか使わない、という人も、いざというときのためにインストールしておいて損はない拡張だぞ。

■ 表示中のウェブページの短縮URLを作成・管理できるChrome拡張

shorter_01
goo.gl URL Shortener」をChromeにインストールすると、タスクバーにアイコンが追加される。URLを短縮したいサイトを開いた状態で、アイコンをクリックしよう


shorter_02
短縮URLが生成され、ポップアップウインドウが表示される。「COPY」をクリックすると、短縮URLがクリップボードにコピーされるぞ。

shorter_03
「Details」をクリックすると、短縮URLの作成履歴のページへと移動する。過去に「goo.gl URL Shortener」を使って作成したURLが一覧で表示される

shorter_04
さらに、各URLの「Details」をクリックすると、その短縮URLのアクセス解析のページへと移動する。短縮URLを通して流入した訪問者数などの情報を調べられるぞ

shorter_05
ポップアップメニューの「QR Code」をクリックすると、QRコードが表示される。スマホや携帯電話からのアクセス用に利用しよう





おすすめ記事