「Jwcad」で作成した図面をPDF形式に変換できるフリーソフトを教えて!

投稿日 : 2014年10月6日  タグ : | | | |

「Jwcad」はフリーの2次元汎用CADソフト。いわゆる「設計支援ソフト」の古参で、DOS版の「JW_CAD」から続く長い歴史を持っている(「Jwcad」は「JW_CAD」のウインドウズ版)。「Jwcad」で作成できるファイルの拡張子は「.jww」「.jwc」「.dxf」だが、これらのファイルをPDF形式のファイルに変換するには一工夫が必要だ。
PDFファイルの作成には「CubePDF」を使おう。これは「Jwcad」のプリントアウトからPDFファイルへと出力を行えるソフト。印刷機能があるソフトなら、何でもPDF形式への変換が行える。
古いファイルを整理していて、「.jww」などのJwcad用のファイルを発見した場合は、Jwcadをインストールして表示し、「CubePDF」で変換すると、無料ツールだけでPDFファイルへと出力できるのだ。

■ 「Jwcad」で作成した図面を無料でPDFファイルに変換

jwd_01
「Jwcad」で作成したファイル形式には、「.jww」などがある。これらのファイルをPDF形式に変換するには……?

jwd_02
「CubePDF」をこちらのサイトからダウンロードし、インストールを行う。インストールウィザードの途中、ツールバーなどの導入も促されるが、これが無視してOK。「利用許諾に同意してインストールする」のチェックを外しておこう

jwd_03
「Jwcad」でPDF化したいファイルを展開した状態で「ファイル」→印刷」をクリックする

jwd_04
「プリンター名」で「CubePDF」を選択して「「OK」をクリックする

jwd_05
「Jwcad」で倍率を設定しよう。パーセントを指定すると、印刷される範囲が赤枠で表示される。図面が上手く収まる割合がない場合は、「任意倍率」で指定しよう

jwd_06
倍率を設定したら「印刷」をクリックする

jwd_07
CubePDFの画面が表示される。「出力ファイル」で保存場所を確認して「変換」をクリックしよう

jwd_08
「出力ファイル」で設定した保存場所にPDFファイルが出力される。展開して内容が正しく表示されるのを確認しよう





おすすめ記事