iPhoneで急に連絡先が消えた。同期で復元する方法を教えて!

投稿日 : 2014年9月3日  タグ : | | | | | | |

稀に、iPhoneの連絡先がすべて消えてしまうことがある。連絡帳の画面に、一切の情報(自分自身を除く)が表示されなくなるのはもちろん、着信・発信履歴もすべて電話番号のみの表示になるので、まったく使い物にならない。
連絡帳が消えたときは、iTunesやiCloudに保存されているデータから復元するのが基本だが、その前に、連絡帳に新規項目を追加してみよう。iOSには自動同期機能があり、それが有効になっていながら何らかの理由で機能不全になっていた場合、連絡先を新規追加することにより同期が始まるケースがあるのだ。
もし、この方法でも復活しない場合は、iCloudのバックアップから復元する「iPhoneの連絡先が消えた。iCloudと同期させて復元する方法を教えて」か、もしくはiTunesのデータから復活する「iPhoneの連絡先が消えた。iTunesと同期して復元する方法は?」を試してみよう。

■ iPhoneの消えたアドレス帳を同期によって復活させる方法

renadd_01
iPhoneで突然、すべての連絡先が全て消えてしまうことがある。着信履歴の画面を開くと、電話番号が表示されるだけで、発信元はすべて「不明」。連絡帳が空なので、電話番号から参照すべき名前がなく、どこの誰と通話したかまったく分からない状態になっている

renadd_02
もちろん、アドレス帳を開いても、自分自身の電話番号しか表示されない。右上に新規追加ボタン(「+」の表示」)が出ている場合は、そこをタップしよう

renadd_03
「新規連絡先を作成」をタップして、新しい連絡先を追加しよう

renadd_04
iOSの連絡先の同期機能を動かすためだけの追加なので、具体的な入力内容は特にいらない。空欄のまま「完了」をタップしてよいiOSの連絡先の同期が始まり、自動的に連絡先が復活するはずだ





おすすめ記事