iPhoneの機種変更の際に「LINE」のトーク履歴をそのまま引き継ぐには?

投稿日 : 2014年8月20日  タグ : | | |

iPhoneを新しい機種に乗り換える際の、アプリの移行は悩みどころ。特に厄介なのが「LINE」。アカウントの移行だけでいいのなら、メールアドレスを登録することで簡単にできるが、トークの内容はすべて消えてしまう。これまでの会話の履歴を残して、そのまま新しい環境で使い続けられるようにするには、「CopyTrans Apps」で、iPhoneから丸ごとLINEをパソコンに抜き出してバックアップするのが一番だ。
「CopyTrans Apps」は、iPhone関連の総合ツール「CopyTrans」の1つで、iPhoneやiPadのアプリを、利用データごとパソコンに移すことができる。後は、移したデータを新しいiPhoneやiPadにコピーするだけ。トールの履歴はそのままで、以前とまったく同じように、アプリを使い続けられるのだ。
「CopyTrans Apps」は、現在ベータ版が無料で公開されている。iPhoneやiPadの乗り換えを検討しているなら、ぜひこの機会に使い方をマスターしておこう。

■ LINEをチャット内容ごとパソコンにバックアップする

WS000002
まずはLINEにメールアドレスが登録されていることを確認しよう。LINEの「設定」から「アカウント」を開く。「メールアドレス変更」の項目が「登録完了」になっていればOK。「未登録」になっていたら、自分のメールアドレスを登録しよう

WS000000
「CopyTrans Apps」をこちらの公式サイトからダウンロードしてインストール。「CopyTrans Control Center」を起動すると、CopyTransの関連ツールの一覧が表示されるので、「CopyTrans Apps」を起動する

ctsb_02
「CopyTrans Apps」が起動すると「Connect iOS device」と表示される。iPhoneを付属のLightningケーブルでパソコンに接続しよう

ctsb_03
接続すると、iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」とダイアログが表示される。「信頼」をクリック

ctsb_04
「CopyTrans Apps」に、iPhoneにインストール済みのアプリが表示されたら、接続は成功だ

ctsb_05
「LINE」のアイコンを右クリックして、「Backup」をクリックしよう

ctsb_06
「Do you want to back up 1 app(S)」(1つのアプリをバックアップしますか?)と確認が表示される。「OK」をクリック。あとは保存先のフォルダを指定しよう

ctsb_07
LINEのデータがバックアップされた。ファイルはIPA形式のファイルとして保存される

■ バックアップしたLINEをiPhoneやiPadにインストールする

ctsb_08
新しいiPhoneもしくはiPadをパソコンに接続。「CopyTrans Apps」を起動し、「Install App」をクリックしよう

ctsb_09
保存しておいたLINEのIPAファイルを選択しよう。「Do you want to install 1 app(s)」とダイアログが表示されるので「OK」をクリックすると、新しいiPhone(iPad)にLINEが丸ごとインストールされるぞ


ここまでの手順で、「CopyTrans Apps」を使った「LINE」の移行作業は完了だ。
ただし、「LINE」の場合はほかのアプリと異なり、移行後に「本人確認」と「利用登録」の手続きが必要となる。初回起動時に本人確認の画面が表示されるので、最初に設定したメールアドレスとパスワードを入力しよう。
続けて、利用登録の設定が行われる。電話番号を入力し、ショートメールで送られてきた暗証番号で認証を行えばよい(以上の操作について詳細はこちらの記事を参照)。
なお、LINEは複数の端末で同時に使うことはできない。この移行作業を行うと、以前のiPhoneではLINEを利用できなくなる点に注意しよう。





おすすめ記事