Twitterの「鍵」の付け方が分からない。アカウントに鍵をかけて非公開にする設定方法は?

投稿日 : 2014年7月21日  タグ : | | | |

Twitterで「鍵」を設定して、自分が許可したユーザー以外はツイートを読めないように設定している人がいる。
閉じた身内でのみ交流したいという人に多いが、ネガティブな内容のツイートが多くの人にリツイートされて拡散している状態……いわゆる「炎上」に見舞われているユーザーが、これ以上話題が飛び火するのを防ぐのにも使われている。
Twitterでトラブルに巻き込まれたら、とりあえず「鍵付き」にしておくといい。安全対策として覚えておこう。

■ Twitterを「鍵アカ」にして非公開にする設定方法

kagi_01
Twitterのユーザーの中には、「鍵付き」設定で、自分が認めたユーザー以外はフォローできないように設定している人がいる

kagi_02
認められていないユーザーがタイムラインを見ようとすると、「~は非公開設定です」というメッセージが表示される

kagi_03
「鍵」を付けたいTwitterアカウントにログイン。右上の歯車のボタンをクリックして、メニューから「設定」を選択する

kagi_04
設定画面が開いたら、左側のメニューから「セキュリティとプライバシー」の項目をクリックする

kagi_05
「プライバシー」の項目の「ツイートの公開設定」で「ツイートを非公開にする」にチェックを入れよう。これで自分のアカウントには「鍵」がかけられ、外部の人間が投稿を読むことはできなくなる





おすすめ記事