LINEでメッセージが届かない・送れないときブロックされたか確認する方法は?

投稿日 : 2013年4月17日  タグ :

今やコミュニケーションツールとして欠かせなくなったアプリだが、気になるのが「ブロック」の扱いだ。
LINEでは、ブロックされた場合でも、特にこれといった兆候が現れないため、自覚するのが難しい。とりあえず、メッセージが未読のままで、いつまでたっても既読状態にならないときにはブロックされた可能性が疑われる。「電波状況が悪くてメッセージが届かないのかもしれない……」と考える人もいそうだが、その場合はメッセージに「!」マークが付くので、すぐにそれと分かる。未読状態があまり長く続いているときは、相手がスマホでLINEを読めない状態にあるか、ブロックされているかの2択しかない。
なお、ブロックを確かめる方はいくつかある。タイムライン機能を使っている場合は、タイムラインを表示させると、過去の投稿がすべて読めなくなっているので、ブロックされていると分かる。また、Androidの場合、スタンプのプレゼント機能があるので、試しに贈ってみてエラーが表示されたらブロックされている。
試せる状況は限られているが、覚えておくといいだろう。

LINEでブロックされるとメッセージが既読にならず未読状態のまま

line_01
LINEの「ブロック」機能(右端)。特定のユーザーに「ブロック」を設定すると、そのユーザーからの投稿は一切表示されなくなり、LINEでのあらゆるコミュニケーションの手段が絶たれる

line_02
自分がブロックされていると知らずにメッセージを送信した場合。通常通り送信はされるが、未読のグリーン表示のまま。相手側の画面にはこのメッセージ自体が表示されていないため、既読に変わることはない。しかし、これではブロックされているのか、相手が読んでいないだけなのかは分からない

line_03
ちなみに、ネットワークのトラブルなどでメッセージが送られていない場合は、このように未読メッセージに「!」マークが付くので、すぐにそれと分かる。「!」が出ていないのに、未読のままになっている場合は、何らかの理由で読めていないか、ブロックされているかのどちらかだ

LINEでブロックされているかを判別する方法

line_04
LINEでブロックされているかどうかを確認する方法の1つが、相手ユーザーのタイムラインを表示してみることだ。それまでタイムライン機能を利用していた場合、ブロック以後は会話内容が表示されなくなる。ただし、タイムラインを使ったことがない場合、この方法では確認できない

line_05
もう1つの方法は、相手にスタンプをプレゼントしてみる方法だ。Android版のLINEでは、ほかのユーザーにスタンプをプレゼントできる。これをブロック疑惑のある相手に贈ると……?

line_06
エラーが表示され、スタンプをプレゼントできない。Androidの場合はこれで確実にブロックされているかどうかを確認できる





おすすめ記事