Gmailが不正ログインされたっぽい。悪意のあるハッキングやクラッキングに対策は?

投稿日 : 2014年6月10日  タグ : |

Gmailが不正アクセスされたようだ、という報告はチラホラ目にする。記憶にないメールが送信されたログがあったり、Google+やYouTubeで覚えのない書き込みが残されていた……といった痕跡から気付くケースが多いようだ。
悪意を持ったハッカーによるハッキング(正確にはクラッキング)の可能性があるので、なるだけ早急にパスワードを変更すべきだ。パスワードの変更はGoogleのアカウントページから簡単に行える。ほかで使っていない、以前より強度の高い(複雑な)パスワードを設定しておこう。

■ Gmailが不正アクセスされたらすぐにパスワード変更

gpass_01
Googleにログインした状態で、右上の人型アイコンをクリック。ポップアップした画面で「アカウント」をクリックしよう

gpass_02
Googleアカウントのページに移動する。上のタブで「セキュリティ」をクリックしよう

gpass_03
「パスワード」で「パスワードを変更」をクリックする

gpass_04
「現在のパスワード」に変更前のパスワードを入力。「新しいパスワード」「新しいパスワードの確認」に変更後のパスワードを入力し、「パスワードを変更」をクリック。これでパスワードが新規に変更される

gpass_05
しばらくするとGmailにパスワード変更の確認メールが送信されてくる。このメールはあくまで確認なので、特に対応する必要はなしだ





おすすめ記事